株式会社ビィーシステム



農地測定/ほ場情報管理支援システム

GPSを利用して農地測定を行い実測データをそのまま
ほ場情報管理支援システムへ取り込むことにより、作業効率が大幅にアップします。

また、地質調査・概略測量・農地面積測量等のデータ収集にも活用できます。

簡単な操作で高精度な調査をすることができるので、ほ場・作付面積・用水路等の調査業務に最適です。

取得したデータはGISシステムや各種測量ソフトともデータ互換できるので様々な用途に応用できます。

GPS取得方法

GPSデータの取得方法は後処理DGPSとリアルタイム処理DGPSの2つがあります。

後処理DGPS

GISデータの収集とナビゲーションが可能なGPS一体型のモバイル端末です。
取得データは、ポイント・ライン・ポリゴンの三種類です。また、属性情報の入力も可能です。
国土交通省国土地理院の電子基準点データを利用し、後処理DGPS処理(計算)で、サブメータ精度を実現できます。
ほ場管理支援システムへデータを受渡し、管理システムを構築できます。

後処理DGPS

リアルタイム処理DGPS

PDA(携帯端末)とGPS受信機を使い、農地の座標測定と辺長・面積計算が容易に行えます。
属性入力と図面作成編集が行え、ナビゲーションも可能です。
ほ場管理支援システムへデータを受渡し、管理システムを構築できます。

リアルタイム処理DGPS

データ管理

ほ場管理支援システム

GPSで取得した農地実測の座標値をそのまま情報管理支援システムへ入力し、図面とほ場情報が関連付けできます。
また、座標データとして取り込み複数のほ場を結合して管理システムを構築することが簡単に行えます。
これらの関連情報を利活用して、作付けごとの面積集計や調書作成を行います。

ほ場管理支援システム

システム構成

Basic

Standard

Professional

導入実績

動作環境

対応OS Windows CE(端末用受信ソフト)
Windows XP/Vista/7/8
CPU 600MHz以上推奨
メモリ 512MB以上 ハードディスク 160MB以上(システム本体として)
ディスプレイ 1024×768 フルカラー(1670万色)推奨 その他 CD-ROMドライブ