株式会社ビィーシステム



ScanSurveyVC VIEWER - スキャンサーベイVC ビューア

ScanSurveyVC VIEWERは、ScanSurveyVCで作成された図面や、他ソフトデータ(TIFF・DXF・SIMA・DM・SIMA-DM・Step〔SXF(p21/sfc)〕・国土庁フォーマット等)を取り込み画面上で確認して印刷することができます。

各種データベースを利用して、調書と連動させた図面をみることができます。

概要

機能一覧

基本画面

基本仕様

図面領域 無制限(ソフト上)
ラスタ制限 無制限(ソフト上)
座標(※1) 4次元管理、公共座標、測地成果2000、任意、緯度経度
レイヤ 32グループ(1グループ256レイヤ)、共通レイヤと各図面レイヤ
線種 初期5種類、カスタマイズ無制限
ハッチング 初期10種類(グラデーション)、カスタマイズ無制限
シンボル・記号(※2) 初期多数、カスタマイズ無制限
ウィンドウ 無制限(ソフト上)
リンク図面(※3) 無制限(ソフト上)
簡易情報(※4) オブジェクトひとつにつき10項目の情報入力
データ情報 点、ライン、ポリライン、ポリゴン、円、円弧、扇、楕円、コーナー、隅切り、スプライン、2重線、多角形、引き出し線、寸法線、部品(グループ)、テキスト、地番、点名、各種標高、各種属性
各データ制限 無制限(ソフト上)
ファイルフォーマット SSD、DXF、SIMA、NIGMAS、DM、SIMA-DM、シェープ、国土庁フォーマット、Step〔SXF(p21/sfc)〕、TIFF、GeoTIFF、BMP、JPEG、数値地図データ、フリーテキスト、ユート工業、ゼンリンマップデータ
※1 座標系の変更はできません。 ※2 シンボル・記号の新規登録はできません。 ※3 リンク図面の新規作成・編集はできません。 ※4 簡易属性の新規作成・編集はできません。 ※5 データの新規作成・編集はできません。 ※6 SSDファイルのみファイル出力に対応しています。他のフォーマットはファイル入力のみです。ゼンリンマップデータを読み込まれる場合、当社のシステムと同時にゼンリンマップデータをご購入ください。

動作環境

対応OS Windows XP/Vista/7/8 CPU 600MHz以上推奨
メモリ 128MB以上
(カラーラスタ使用の場合512MB以上推奨)
ハードディスク 70MB以上(OS除く)
ディスプレイ 1024×768 フルカラー(1670万色)推奨 その他 マウス、CD-ROMドライブ

VIEWER版申し込みについて

下記の申込書にご記入後、弊社までFAXでご返送ください。