ScanSurveyZ スキャンサーベイゼット

i-Construction イメージ

i-Construction

ScanSurveyZにi-Construction対応!
詳細ページへ >

BROWSER イメージ

ScanSurveyZ BROWSER

ScanSurveyZで作成した3Dデータを、EdgeやChromeで閲覧できます。
詳細ページへ >

パワーとスピード、
ScanSurveyZは新たな3D GISです。

計測技術の進歩やレーザー測量技術の充実により、
大容量の点群データが簡単に手に入るようになりました。

かつてScanSurveyVCで大量のラスタ図面を処理したように、
今度は大量の点群データを使った3D GISを提供します。

パワーとスピード

億を超える点群。
すべてが軽快、だれもが簡単に。

億を超える点群

今まであきらめていた表現を実現

メモリの効率化、高速なアルゴリズム処理で億を超える点群も驚くほど速く表示します。

ScanSurveyZには数々の表示方法と機能があります。

そのどれもが簡単な操作で行うことができます。


ScanSurveyZの主な機能

2D/3D表示、連動画面

2Dと3Dの表現はもちろん、画面分割機能により、2Dと3Dの2画面連動表現もできます。

等高線やオルソを別々に表示しながら、同一アングルからの描画も可能です。

2D/3D表示、連動画面

旗上げ、属性表示

属性を表示するツールチップや、旗上げ機能を搭載しています。

どの角度からでも属性情報をすぐに確認できます。

旗上げ、属性表示

3Dモデルの配置

3D CADで作成した3Dモデルのデータを自由に配置できます。

3Dモデルの配置

縦横断や視点管理

点群やTINの地形データから線形データを入力することで、測点と縦横断を生成することができます。

線形データは条件を細かく設定することができます。
右幅左幅をそれぞれ任意の数値で設定できます。

視点を登録することで、アニメーションを作ることもできます。

縦横断や視点管理

土量計算

メッシュを生成し、土量を計算することができます。

土量計算

Excelとの連携

ScanSurveyZのオブジェクトデータとExcelデータを簡単に結合できます。

Excelとの連携

ラスタ・電子国土の表示

国土地理院が公開している電子国土データを使うことができます。

地形データに合わせて最適なデータを読み込むことができます。

ラスタ・電子国土の表示

その他

ScanSurveyZ VIEWER無償配布

ソフトウェアサポート契約されたユーザー様へは、データ閲覧用VIEWERアプリケーションを無償配布致します。

ドローンの活用

ドローンで取得できた画像データや点群データを取り込み、災害調査や建設・土木調査、進捗状況の確認などの利用が期待されています。


レーザー測量

レーザー測量で取得したデータを3Dで表現し、土量計算などに利用できます。


土木設計

森林の3Dデータを取得し、簡易的に土木設計が可能です。


動画紹介

電子国土webを活用した動画紹介 別ウィンドウで再生 >
ScanSurveyZ 動画紹介Vol.03 - 2次元地籍データと地形モデル 別ウィンドウで再生 > 関連資料:ScanSurveyZガイド Vol.01(PDF:1,874KB)

ScanSurveyZ 動画紹介Vol.02 別ウィンドウで再生 >

オプション

ScanSurveyZではオプションを追加することができます。

土量計算 メッシュを生成し、土量を計算します。
3Dモデル 3D CADで作成した3Dモデルのデータを配置します。

カタログ・資料

マニュアル

ScanSurveyZ クイックガイド