登記簿調査システム

登記簿調査支援システム

地籍測量・用地測量などの登記簿調査業務の作業時間を大幅に短縮する今までにない画期的なシステムです。
公図のラスタデータから、ベクトル変換・ポリゴン化・地番認識まで一括で実行します。

登記事項要約書・全部事項証明書をスキャニングしてデータベースに入力すると、公図とデータベースが結び付き画面上で確認できます。
さらに各種提出書類の作成までサポートします。

認識した公図データと属性データをAssistE・AssistF(地籍調査システム)でそのまま使用できるので、作成データをさらに有効活用できます。
建物登記にも対応してます。

機能詳細

作業手順

1.公図データを画地データに変換

公図のラスタデータを指定するだけで、ベクトル変換・自動ポリゴン化・ゴミ処理・地番認識までの一連の作業を一括で自動実行します。ベクタデータでも取り込めます。
公図データを画地データに変換

2.登記簿のラスタデータからスムーズなデータベースへの入力

スキャンした登記事項要約書・全部事項証明書を指定すると、記載された文字がテキストデータに変換され、スムーズにデータベースに入力できます。
データベース

3.公図とデータベースの連動・公図転写連続図の作成

公図と登記簿の結び付きを画面上で確認できます。また、公図転写連続図を作成できます。
確認

その他便利な機能

公図認識後に、地番が自動的にデータベースに入力され、地番の入力及び確認ができます。
また、画地の同一点・標高・自己交差・重複・合筆・空白などをチェックし順番に修正する機能や各種補正機能、画地編集機能も充実しています。
公共座標を付加し、公図の結合もできます。
結合

データベースと同じフォルダに、地番と同じ名前で地籍調査図を入れておくと、データベースに自動的にリンクされます。
自動リンク

作成したデータベースを元に土地登記簿調査表(一覧)・土地登記簿調査表・土地境界立会確認書・境界確認書・土地調査表(一覧)・土地調査表(個人)が作成できます。 データベースの情報が自動的に入力され、スムーズな書類作成ができます。
書類

機能一覧

入出力 上書き保存、名前を付けて保存、図面結合、公図転写連続図、外部入出力(DXF・SIMA)、CSV出力
公図自動認識 自動ポリゴン化、地番認識
登記簿自動認識 文字認識、DB作成、DB登録
画地 作成、頂点編集、合成、分割、削除、地番編集、属性編集、地番属性表示変更、テキスト地番変更
補正・正規化 4点補正、正規化(同一点・自己交差・重複・合筆・空白・一括)、自動ポリゴン化
調書出力 土地登記簿調査表(一覧)、土地登記簿調査表、土地境界立会確認書、境界確認書、土地調査表(一覧)、土地調査表(個人)
データ操作 登記簿修正・追加・更新・削除、リンクパス編集、属性設定

動作環境

対応OS Windows XP/Vista/7/8 CPU 600MHz以上推奨
メモリ 128MB以上
(カラーラスタ使用の場合512MB以上推奨)
ハードディスク 140MB以上(OS除く)
ディスプレイ 1024×768 フルカラー(1670万色)推奨 その他 マウス、CD-ROMドライブ
※ScansurveyVC Ver.5オプションはSP、EX、3DJT、2DJT、2Dが対象となります。 ※RV-Station GFORCE オプションはINCLUDE、INCLUDE-L、2D-GEOが対象となります。

販売価格

定価

ScanSurveyVC Ver.5オプションの場合 250,000円(税別)
登記簿調査システム単体の場合 550,000円(税別)
※登記簿調査システム単体は年間保守料として60,000円(税別)が別途必要です。 ※導入指導が必要な場合は、導入指導料が別途必要です。

カタログダウンロード

下記よりカタログをダウンロードできます。