森林保険支援システム

森林保険支援システムは災害地調査申請を支援します。

困難な災害地調査も森林保険システムがあればドローン撮影画像から調査することができます。

詳しくは営業担当までお問い合わせください。

ドローン撮影画像からオルソ画像を作成

ドローン撮影画像から半自動で3D点群データやオルソ画像を作成します。

ドローンとオルソ画像

2次元、3次元の面積測定

面積測定

2次元や3次元の面積を測定できます。

各種調書作成

各種調書作成

各種調書の作成を行うことができます。


さまざまな機能

図面

簡単な操作性

解析タイプに適した画像処理を行え、作成する成果物を選択するだけで自動で処理を行います。

データ結合

専門家の期待に応える詳細設定

対空標定点を使った座標付けや高度な点群生成過程を選択できる機能も備えています。

連結

解析結果

写真の推定撮影位置(ドローン軌跡)とそれぞれ解析に使われた画像が3Dモデルとともに表示されます。

更新

様々な点群/オルソ画像の座標付け

座標が全くない状態でも2点間距離でのスケール調整やデータ作成後の数点補正、地理院地図や座標付き図面との座標位置のすり合わせが行えます。

材積計算

点群データから樹木の先端部を自動で抽出し、フィルタリングした地表面より樹高や樹冠を自動で計算します。 また林小班などの属性データを別に与えることにより林小班・樹種別に分けた集計ができます。これらの集計データは材積計算帳票としてExcel形式で出力できます。

AssistZと連携することで、材積計算機能を利用できます。

階層ラスタ処理機能

動作環境

対応OS Windows 7/8/10 64ビット版 CPU Core i5/i7 シリーズ推奨
メモリ 16GB以上推奨 ハードディスク 200MB以上(システム本体として)
ディスプレイ 1280×960以上推奨
フルカラー(1670万色)推奨

※写真枚数等により必要メモリ量が異なります。

※その他、点群データ等3Dではデータ量が従来に比べ大きくなる傾向があります。HDDに十分な空きがあることやSSDなど高速なストレージのご利用をお勧めしております。