境界基本調査-境界明確化・CS立体図・材積計算・傾斜計算・流域計算 の詳細

ScanSurveyZの様々な機能を紹介します。


境界基本調査-境界明確化

地籍フォーマット・Shape・オルソなどを取込み、さらに地理院標高データなどにより簡単に3D化を行うことができます。
3D表示状態でCAD編集(ポイント・ポリライン・ポリゴンの作成及び編集)を行うことができます。

境界基本調査

材積計算

作成した点群データから材積数(山本式に対応)を計算します。
計算後材積リストとして帳票に出力する事でき、樹高別に本数を出すことも可能です。

材積計算

CS立体図

UAVレーザー・航空レーザーによるDEMデータを使用し、微地形を立体的に表現します。

CS立体図

傾斜計算

作成したTINデータや国土地理院から出ている標高データを使用し、傾斜角などの計算ができます。
計算後、傾斜区分図やヒストグラムとして帳票に出力ができます。

傾斜計算

流域計算

地形の起伏から降水を集める箇所の計算をすることができます。
各流域の面積・割合を3Dのグラフで表現します。
全体の降水路を確認する場合は水脈を表示し、細かな降水路を確認する場合は経路を表示させます。

流域計算